ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

弱点はやがて強大な長所となり得る

2016/02/29

僕は胃腸が極端に弱い。

ちょっとした「乱れ」でも、お腹を崩してしまう。

しかし、それは逆に考えると、アドバンテージになり得るのだ。

どういうことかというと、胃腸を正常に保つには「乱れ」のない理想的な食事や意識状態にならないといけない。

胃腸が弱いという弱点があるからこそ、胃腸にほとんどストレスが掛からない「乱れ」のない生活が出来るというか、するしかなくなるということだ。

 

超自然体な反応をする脳へバージョンアップ!!

統合失調症も同じ。

脳が過敏に働く病気だから、ちょっとした刺激で容易にオーバーヒートしてしまう。

何もせずにただ生きているというだけでもストレスとなり得、刺激を完全に遮断することは無理だ。

では? どうすれば良いかというと、さまざまな刺激や情報に対して、ストレスの掛からない、超自然体な反応をする脳にバージョンアップするしかない。

 

僕らは公道では能力を充分に発揮出来なくても、F1サーキットでは十分な能力で走れるF1マシンなのだから。

一般道しか走ることのない一般的な常識に囚われすぎると回復は遠のくかもしれないよ。

そのためのヒントがこのサイトには溢れていると思うので、参考に出来る部分は参考にしてもらいたい。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ