ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症になって良かったな♪
~ 繊細な心の問題を解決できる ~

2012/11/17

病気になってしまった頃は、

「神も仏もない、何でこんなにも深い暗闇が世界に存在するんだ・・・ 」

と、家がお寺のくせに「僕は無神論者です」と人に言うぐらいの深い絶望とともにあった。

ここまで回復した今だから、病気になって良かったと思えることはたくさんある。

僕の回復が1人でも多くの人のヒカリとなるとしたらこれに勝る喜びはない。

ストレスフリーの心の在り方

普通の人が10のストレスに耐えられるとすると、感覚的に繊細な統合失調症の患者の場合、その10のストレスを何倍にも感じてしまう。

その結果、普通の人と同じ生活をするだけでも、何倍ものストレスを抱えているのと同じ状況になってしまう。

多くの場合、薬を使って繊細な感覚を麻痺させ10のストレスを過敏に感じないようにするのが、今の医学の到達点のように思う。

僕の場合は、ストレスを感じる心のあり方を変えることで、普通の人がストレスを感じる場面で、ストレスを感じないようにする方向を目指した。

自分の内面と真摯に向き合い心の問題を1つ1つ解決していくプロセスを繰り返した。

そのプロセスは自分の心の問題を直に見つめると言うことだから、非常に辛く、また普通の人並みに生活できるようになるまでには、長い時間が掛かった。

普通の人並みに生活が出来るようになって、次の段階では普通の人は繊細すぎて感じないような深い部分にある心の問題を解決できるレベルになってきた。

それらも解決してしまうと、100%の楽しさであったり、100%の満足感だったり、100%の安定感を感じることが多くなってきた。

こういう段階まで辿り着いている人は周りの世界を見渡してもそう多くはないと僕は思う。

ストレスがない分 若さを保てる

ストレスがほとんどないという心のあり方は体に負担が掛からないためか、非常に若く観られることが多い。

今38歳なのだけど、学生に間違われることもまだあるし、3歳年上の兄の子供と間違われることもあるし、母の孫と間違われることもある。

精神的にもストレスを感じないためか好奇心旺盛な子供のように非常に若々しいままのように感じる。

 

統合失調症を本当の意味で克服すると、それぐらい素晴らしいヒカリの世界が待っているんだよ!

今絶望の淵にいる人も、いつかそうなるときはやってくる。

それを一筋の光明として希望となり、少しでも楽になってくれたら、とても嬉しい。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ