ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

禁煙にはニコチンパッチ

2015/04/10

統合失調症の患者は、優位に喫煙率が高い。

これはタバコに何らかの薬理作用があるためと考えられている。

そのため、一般の人より強いタバコを好む傾向にあるし、その本数も多い。

一方で、肺がんなどの喫煙を原因とする疾患は、喫煙しているにも関わらず非喫煙者よりずっと低いという調査結果もある。

 

タバコを止める必要がなければ、お金にも時間にも心にもゆとりのある貴族のように嗜めばいいと思う。

 

僕の場合、僧侶で、年齢のせいもあるだろうが、声が出なかったり、息が続かないようになってきた。

おそらく1番の原因はタバコ。

やめようかなと考えてたら、line グループカウンセリングで

ニコチンパッチが効果あると聞いて早速ためしてみた。

 

瞬間的に現れる効果!!

「そんな効くはずないだろう。そんなに効くんだったらタバコ吸う人とっくにいなくなってるよ。」と、貼り付けてみた。

いつものようにタバコを吸う。

・・・

一息吸い込んだだけで十分で、次の一息が吸えない!

 

なんと!

こんな瞬間的に効くのか!!

 

まだタバコを吸いたい気分が強いから、火をつけるのだけど、タバコがまずくてまずくてしょうがない・・・。

 

統合失調症の人はタバコに親和性が高いのかも

統合失調症の患者の喫煙率が優位に高いのは、ニコチンと親和性が高いのかな?と感じた。

line グループでも、数人がニコチンパッチで止めているし、その効果は驚くほど高いというから。

 

タバコのない世界って、まだ物足りないが、禁煙しなければならない状況にある人は是非試して欲しい。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ