ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症と禁煙

2012/12/03

今まで真剣に禁煙しようと思ったことはなかった。

その1番の原因は、僕の場合タバコが精神安定に役立っている可能性が高いと、自分で思っているし、そういう統計もあるし、急に禁煙したらその反動で、また病気が再発するんじゃないかという無意識の不安があったからだ。

 

しかし最近、自然と「「寝落ち(初)」を経験して分かったことがある。

今まで寝落ち(初)をするほどスッキリと眠れなかったのは、心の奥の「不安」や「焦り」など未解決のネガティブな課題が大きかったからだ。

そのネガティブを段階的に1つ1つ解決することで、自然と「寝落ち」する程度まで心が安定したということだ。

心の中のネガティブを解消すること

タバコも同じように「今日から禁煙するぞ!」と急に辞めるのではなく、タバコを必要とする心の中にある何らかのネガティブ感、「不足」だったり「不安」だったりと、そういうものを解決していくと徐々にタバコは減っていくんじゃないかと思っている。

急に禁煙してしまうと、普通の人が感じるより変化を過敏に感じてしまいすぎて、結果として悪くなるかもしれないから、取りあえずは、タバコを吸うごとに「どういう心理的な不安やストレスがあってタバコを吸うんだろう」と考えてみることにした。

 

時間は掛かる方法だけど、自然と本数が減り、精神的なストレスも心の不安も解消されたことの良い目安になるかもしれないと思う。

拙速に結果を求めるのではなくて、これものんびりと!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ