ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

規則正しい生活で統合失調症は寛解しない

2014/03/18

最近は、ようやく多くのストレスを昇華して、過眠傾向に陥らず、自然と生活リズムが整う段階に入ってきた。

統合失調症やうつなどの心の病では「規則正しい生活をすること」ということが当たり前のように言われていて、多くの人がそれを信じている。

僕はそれに対していつも「?」だ。

例えば、規則正しい生活が出来ない時がきたら、統合失調症やうつなどの心の病は再発する可能性が高いということになってしまう。

それよりも、統合失調症やうつなど心の病の根源である要因を無くすことが出来たとしたら、もし規則正しい生活が出来なくなっても、再発することはなくなるだろう。

根源的な要因というのは、即ち心のあり方・正しい意識のあり方で、「悟り」にも似た境地の自然体なのかもしれないと感じている。

 

生活リズムは心と体が望むままに!

僕は主治医に言わせると「論文にしたいぐらいに高いレベルで自分を保っている」そうだ。

「薬もごくごく軽い薬を自分の体調を考えつつ自己調整している希有な例だ」と。

更には普通の人でも辛く1割は途中で下山する僧侶の修行も、統合失調症が寛解したと自分では感じていない酷い時期に、とても辛かったけど無事成満することが出来た。

もっとすごいことだと思うのは、統合失調症が完全に寛解したとは思えない状態で、北京とウィーンを中心に4年もの間、海外で生活出来たという事実だ。

そういう事実を含めて、「極めて高いレベルで寛解している希有な例」と主治医は考えているのだろう。

 

しかし、僕は一般的に回復に良いとされることをして高いレベルの寛解を得たのではない。

単に自分の心と体に従った結果だ。

それが高いレベルで寛解した要因であることは間違いない。

たとえ生活リズムがめちゃくちゃでも、そのときの自分の心と体はそれを望んでいるということだから、乱れた生活リズムの中で、心の課題を1つ1つ浄化していくプロセスを辿った。

 

生活リズムを整えようと思っている人に

例えば、うつでは「日光浴をする」「規則正しい生活をする」「軽い運動をする」などすると、回復しやすいと言われている。

しかし、「日光浴出来ない状態」や「規則正しい生活が出来ない状態」「軽い運動が出来ない状態」になってしまうと、再発の可能性があるということに他ならない。

 

寛解のためには、外側に働きかけるのではなく、内面を変えるのだ!

心を整えるのだ!

心や意識のあり方が変わると、自然と外面も変化してくる。

そうなってくると自然と「日光浴でもしようかな」とか「規則正しい生活の方が楽だな」とか「軽い運動が気持ちいいな」と感じられるようになる。

それは即ち、うつの根源的問題である心のあり方を「悟り」にも似た自然体にすることに他ならない。

そうやって心を磨くと、自然と生活リズムも整ってくるし、本当の意味で統合失調症やうつなどの心の病から回復できると言うことだ。

 

今までの常識を信じる必要はないと思う。

実際、僕が今までの常識では考えられないような方法で高いレベルで寛解している。

その道のりは僕が知る限りではまだ誰も通ったことのない道だった。

その道程をこのブログに記すことが出来たとしたら、より早い段階で本当の自分に出会えて、本当にストレスフリーで、病気になるほどの繊細さを武器に自由に世界を楽しめるときがやってくるから!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ