ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

回復したら整った生活リズムの方がストレスがない

2016/07/23

19歳の頃から、42歳になる今まで生活リズムは乱れていた。

眠りたいだけ眠るし、テンションが上がったら徹夜続けたり、食事も不規則でカロリーメイトで命を繋いでいた時期もある 笑

これじゃダメだなと一般常識に囚われて、生活リズムを整えようとしたこともあるが、ストレスが大きくすぐに投げ出してしまっていた。

 

仕事をしているときや修行中には、強制力があるからそういうリズムは無理だけど、その時期以外は基本的に自由に過ごしていた。

 

一般の人が当たり前のように夜眠って、ちゃんと決まった時間に食事をしするようなことが不思議でしょうがなかった。

何でそんなストレスを感じることが出来るの?と。

 

陰性症状が酷いときには自由に!

陰性症状が酷いときには、心も身体も重く、普通の人が簡単に出来ることも困難だし、生きているというだけで多大なストレスを感じてしまう。

ちょっとしたことで気分の変化が大きいし、この時期は心が望むまま自由にしていた方がストレスが少ない。

今、陰性症状で「生活リズムを整えなきゃ!」と感じている人は、その時は無理をしないで、心に任せて自由にすることが近道だ。

統合失調症を看護する人は、その辛さが分からないから「整った生活リズムでないと回復しない」と考えて無理をさせようとするかもしれないが、それは実は病状を悪化させることはあっても回復させることはない。

ストレスを感じながら生活リズムを整えることでは高いレベルでの寛解は難しい。

一生苦しみを感じながら生きることになる。

 

僕がこのブログに書いている陰性症状から抜け出した過程を参考にしてもらうと、案外あっさりと、心が穏やかになるかもしれない。

僕の場合は、道標もなく、自分で試行錯誤して道を切り開いたように感じている。

これからの世代は、その開かれた道を通って、早い段階で心が安定したら嬉しいと思っている。

 

回復したら整った生活リズムの方がストレスがない

自由に過ごしているとやがて心は安定していき、次の段階に入る。

すなわち、整った生活リズムが楽な段階だ。

最近は驚くほど回復して、心が安定してきて、ストレスが少なく集中して効率良く満足感を最大限に得られる方法について考えている。

毎日を同じように楽しく快活に過ごすことが出来たら最高だ。

そのためには、安定して整った生活リズムと親和性が高くなる。

同じ時間に起きて、規則正しく食事して胃腸の調子を整え、同じように活動する。

そうすると、心は更に安定するし、ちょっと心が不安定になっても、その理由を探しやすい。

回復すると、整った生活リズムの方がストレスが少なく効率も高く集中出来て満足感も大きくなる!

でも、これは無理して生活リズムを整えているのではなく、この段階で心が望む自由な生活をしているだけだ。

 

大丈夫だよ。

自由を求めていれば、やがてそれは高いレベルの自己管理に繋がるから!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ