ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

休む勇気!心身をベストの状態に保つこと

2016/08/20

統合失調症という病気は気分の波が大きいから、生活リズムを整えるというのは、案外と難しい。

回復期の初期は、生活リズムを整えるよりも、心身が望むリズムで生活することが高いレベルの寛解にたどり着く道だと思う。

心身が正しい生活リズムを望んでないのに、無理矢理に整えようとしても、後々大きな歪みを生みがちだ。

 

生活リズムを整えるのが1番の目標ではない

やがて病状も落ち着き、自然と生活リズムが整う時期がやってくる。

しかし、だからといって生活リズムを整えることを1番の目標としてはいけない。

重要なことは、心身に負担の掛からないリズムで生活することだ。

生活リズムが整わないときは、心の中に未解決の問題があると捉えて、ストレスを感じない考え方や心の在り方を模索すれば好いと思う。

自然体な意識が整った生活リズムに繋がっていくことが理想だ。

 

休む勇気を!

今まで頑張って生活リズムを整えたのだから、多少辛くてもこのまま頑張ろう!という意識では、小さなストレスが積み重なって、ある閾値を超えるとそれ以上頑張ることが無理になってしまって、同じ状態になるまで相当に時間が掛かってしまうことが多い。

そういうときには、生活リズムが多少乱れたとしても、休息することだ。

心身の疲れが取れたら、割と短い期間で元のような正しい生活リズムになり、生活リズムが乱れた根本の原因を探ることでもっともっと調子は好くなる。

 

風邪を引いたときと同じように、体調が悪いながら無理するのではなく、酷くなる前に休むとあっさりと回復する。

同じように、小さなストレスを感じて休み、案外簡単に元の状態に戻る経験をすると、焦りや不安を感じずにリラックスして休むことが出来るようになる。

 

生活リズムを整えている段階では、小さなストレスを感じたら休む勇気を!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ