ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症と食欲

2013/03/31

心の病を発症した多くの人は薬の副作用で太ることが多いという。

でも、僕の場合、病気前からその傾向はあったのだけど、逆に極端に食欲がなくなってしまっていた。

身長は170cmちょっとで、高校生の頃からずっと体重は50kg前後だった。

 

特に北京生活の3年間は毎日食べると一週間に2回ぐらいお腹がいたくなるから、食べない傾向はもっと酷くなって、2日に一食程度の食事になっていた時期もある。

 

睡眠薬を飲むと食べないでも平気な感覚がやってきていたから薬の副作用というのもあっただろうし、常に交感神経が過敏になっていて、食欲がなくなっていたという理由もあるように思う。

ロゼレム効果

それが、最近睡眠薬がロゼレムになって、変化してきた。

自然な食欲が出てきた感じ。

体重もちょっと前から54kg前後になってきた。

目標は60kg。

食べていると体力が出てくる!

ほんとにロゼレムになって生活リズム、心の更なる安定など多くの面で好転してきた!

 

今までは交感神経が常に過敏になっていて、副交感神経が働かなくなって、様々な体の不調となって表れていたんだなぁって分かる。

薬が変わると劇的に状態が変化することがある。

今考えると、精神的に自己を高めること、自分に合う薬を探すことが僕にとっては回復の大きな助けになったように思っている。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ