ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

好調なときほどブレーキをかける

2017/01/06

統合失調症は波のある病気だ。

その波は回復につれて右肩上がりにはなっていくが、陰性症状が酷い時期でも、そこから回復してからも、調子の波はある。

 

低調がずっと続くことはない

僕の場合酷い陰性症状に苦しんだが、そのときでも「よし!動ける!」という場面がやってくることがあった。

ただ、焦りや不安で、今まで出来なかった分を取り返そうと思って、アクセル全開で走って、オーバーヒートしてまた酷い陰性症状になるということを繰り返していた。

 

好調なときほどブレーキをかける

夢中になりすぎてアクセル全開で走ると、オーバーヒートして活動が全く停止してしまったり、ガソリンがなくなったり、タイヤがパンクしたりと、様々なトラブルに見舞われ、再び走り出すまでに長い時間が掛かることになってしまう。

 

好調なときは、アクセルを踏めば踏むだけスピードが出るから限界まで突き進みがちになる。

しかし、そのときは意識してブレーキを掛け、積極的に休憩をとりメンテナンスをすることを忘れてはならない。

そうすることで、より長い期間好調に留まって、ワクワクウキウキしながら楽しく活動出来るから!

 

ブログランキング参加しています。1日1回応援クリックしてね♪(*^-^*)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
サイトの引用・リンクはご自由に♪

ぽちっと押して下されば元気がでます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
お願い♪contents Lineスタンプ「あいさつぶた」