ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

自己管理は好調なときに

2016/09/07

自己管理は案外とストレスが掛かる。

調子が好いときにはそれでもいいけど、調子が悪くなると繊細な僕らからするとちょっとしたことで自己管理も自己管理しようと思う思考すら多大なストレスを生んでしまう。

今まで続けてきて習慣になってきたからといって、ストレスを感じながら自己管理をしていると、やがて気分的に参ってしまって、自己管理が出来なくなり、酷い場合には陰性症状に陥ってしまって、再び自己管理が出来るようになるまで長い時間が掛かってしまいがちだ。

 

統合失調症は波がある

統合失調症は気分的な波が大きい。

好調な時期が来たら、必ず不活発な時期がやってくる。

好調な時期には活性化した脳で普通の人よりも効率良く使うために、頭を効果的にクールダウンする必要があるからだ。

低調な時期はバケーションタイムだと思って心からのんびりと過ごすことが出来ると、陰性症状の辛さはやってこない。

そのリズムが分かるようになると楽だ。

 

好調なときに自己管理。低調なときはバケーション!

自己管理は好調なときに考えればいい。

やがて低調な時期はやってくるが、そのときはバケーションタイムと考えて、自己管理は全く考えない方が回復が早い。

そして再び好調なときがやってきたら、以前の経験を参考にして、段階的に更に高いレベルの自己管理を求めていけばいい。

そのリズムを掴めるようになると、やがて高いレベルの自己管理が自然と出来るようになり、バケーションタイムになっても最低限の自己管理は出来るようになるから!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ