ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

摂生の第一歩は「し過ぎ」の習慣を改めること

2016/05/10

学生時代、勉強しない人の辞書は綺麗なままだ。

逆に一生懸命勉強する人の辞書はボロボロになる。

 

身体も精神も同じで「し過ぎ」の人の細胞はすぐにボロボロになってメンタル的にもしんどくなってしまう。

摂生の第一歩は「し過ぎ」の習慣を改めることだ。

 

なぜやり過ぎるのか?

なぜ、「し過ぎ」になるかといえば、「不安」や「焦り」などのマイナスの感情を深いレベルで感じていて、そのバランスを取るためだと思う。

不調和を逆方向にある不調和で無理矢理調和させているイメージ。

 

心の問題が解決しないうちに摂生しても無駄

「不安」や「焦り」などの心の問題が解決しないうちに摂生をしよう!と考えても、ネガティブな感情は依然として心の中に残っているということから、別の形の不調和として現れてしまう。

闘病中初期のころは、ちょっとしたことで心身のバランスを崩す。

この時期に無理をしてしまうと、心の奥の未解決の問題はそのまま残るということだから、たとえ摂生出来たとしても無理をして保っているということだから、本当の意味での高いレベルの寛解・完治は望めないし、逆に酷い状態になることも多い。

そういうときには「生活リズムを整えよう!」とか「摂生しよう!」とか考えるよりも、ゆっくりと休んで、自分自身の心の奥にある課題を1つ1つじっくり解決する方が、長期的な視点からは回復は速くなる。

 

摂生の第一歩はやり過ぎの生活習慣を改めること

時期が来たら、自然と「あ、今度は摂生すべきときだな」と分かるから、そのときになって初めて摂生を始めたら良い。

直感を信じて!

感性を信じて!

自分を信じて!

 

僕が今「し過ぎ」と感じていることは・・・。

タバコ・コーヒー・コーラ・ブログについて考えること・パソコン等だろうか。

少しずつ「し過ぎ」を減らして、心身の消耗をなくすことで、より自然体な心と在り方になって、それを世界に伝えていければいいと思っている。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ