ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

時間や時計の奴隷とならない

2016/09/13

自己管理を始めると、時間を決めてスケジュール管理すると思う。

時間を管理する段階だ。

でも、最初からあまり厳しく時間を決めない方が良い。

短期間ならきちっとした生活リズムになるかもしれないが、ちょっとしたことで気分のアップダウンが大きいから、気分が乗らなくてやりにくい時間や出来ない時間はやってくる。

そこで無理して続けると、集中出来ず効率は悪くなり、やがて自己管理は破綻して落ち込むし、トータルで考えるとマイナスになることもある。

 

時間は人類が便利なツールとして作ったのに、そうではなくて時間や時計の奴隷となってしまったら、それは本末転倒といえる。

 

最初は大まかに時間を決める

最初は大まかに時間を決めると、時間や時計の奴隷とならずに済む。

僕の場合、最近は、起床後のエンジンを掛ける時間、午前中の仕事時間、昼の勉強時間、夜のリラックス時間と、大まかな計画を立てることから始めた。

ある程度やることを決めていて、気分が乗ってやりやすいときにやりやすいことをする。

何もしたくなても、ちょっと待てばやりたい気分はやってくるから、のんびりと待つ。

そうすると、自分がしたいこと、重要なことというのが自然と分かってくる。

これが、時間の奴隷になってしまっていると、気分が重かったりストレスを感じながらでも課題をこなさないといけなくなる。

 

自然とリズムは生まれる

そういうふうに大まかに時間を決めると、やりやすい時間やタイミングというのが分かってきて自然に時間が決まってくる。

このブログも眠っている間に自然と頭がまとまっているから、起床後のエンジンを掛ける時間に書くのがリズムとなった。

時間や時計は先人が作った便利なツール!

決して時計や時間の奴隷となってはならないように!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ