ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症と歯磨き:歯の年齢は隠せない

2016/02/27

統合失調症やうつになると、歯磨きすることすら強いストレスとなって、出来ないことも多い。

岡田尊司 「統合失調症」その新たなる真実によると統合失調症の患者は何歳になっても少年や少女のような雰囲気を持つことも多いという。

しかし!

歯の年齢だけは隠せない。

入院中に若いのに歯がボロボロであったり無くなっている人が多かったことは印象深く残っている。

陰性症状でどんなに辛かったとしても、歯磨きは欠かさないこと、予防として歯医者さんに定期的に行ってクリーニングすることを怠らないことを昔の自分にアドバイスしたい。

 

歯ブラシ

以前はPanasonicの電動歯ブラシを使っていた。

商品紹介を観ると、「これ使うと虫歯にならないよ~」というような雰囲気で、「ちょっと虫歯になりかけているけどなぁ・・・」と感じても、そのまま使っていたら、結局虫歯になってしまった(笑)

歯医者さんは「電動歯ブラシを使うなら、磨きにくいこともあるから、やはり自分の手で磨くことと併用することが望ましいよ」とのことだった。

今は、Panasonicの音波振動歯ブラシ ブラウン 電動歯ブラシと普通の歯ブラシとしてデンタルプロ ブラックハブラシを併用している。

オススメするなら、まずブラウンの電動歯ブラシ。

Bluetooth対応で、電源を入れると、タイマーと連動して、ゲームしているような雰囲気になるし(笑)歯科で磨くときに使うのと同じように振動ではなくて回転するから、歯がツルツルするのが分かる。

次に、デンタルプロ ブラック歯ブラシ。これを使っていると歯の表面がキュッキュッという音がするようにって磨かれているという感覚が良く分かる!

そして、たまにPanasonicの電動歯ブラシ。どちらでも磨きにくい部位が磨ける感覚。

 

 

 

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ