ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

就寝前2時間ぐらいはぼーっとする

2015/03/23

最近、集中力を極限まで使い果たすまで純粋に楽しくブログを更新出来るようになった。

途中でやめたくないから、夜になっても更新し続け、限界になったら眠るという生活がしばらく続いた。

が、次第に疲労の色が濃くなって、ブログを書くことを頭が拒否して楽しくない時間が増えてきた。

このまま無理したら、楽しい時間を永久的に過ごせないなと感じて、1つ変えてみた。

 

就寝前2時間ぼーっとする

それは、夜になったらブログの更新を辞めて、2時間ぐらいぼーっと何も考えない時間を持つことだった。

やがてもっと書きたい意欲が湧いてくるけど、そこは我慢してひたすらボーッとしようとしていた。

すると驚いたことに、あんなに寝付きが悪かったのに、自然な眠気がやって来てぐっすり眠れるようになった。

深く眠ると、翌朝も快調!

酷いときには、何も出来ず悶々として逃避的にタバコを吸ったり音楽を聴いたりネットサーフィンをして、半日ほど過ごさないとやる気は起きなかったというのに。

 

脳の限界に達すると自己防衛的に眠る

つまり、今までは脳の活動限界に達することで自己防衛的に眠る、ということを無意識に繰り返していたようだ。

布団に入りネガティブなことを考えると、すぐ眠れることがあったが、それは脳が「ネガティブをこれ以上考えたくない」と自己防衛的に思考をシャットダウンしていたことに他ならない。

限界が来ると自然と脳が自己防衛する。

それでも無理を重ねると、やがて統合失調症の陽性症状が再発してしまう。

脳に体する過度のストレスがこの病気を引き起こす1番の原因のようだから。

また、限界に達するまで眠らないやり方は、いくら眠っても頭の疲労が取れず、睡眠過多傾向に陥りがちだし、起床後もスッキリしない。

今、睡眠に問題がある人は、まず何か1つを変えることから考えるといい。

僕の場合はそれが眠る前の2時間をぼーっとして過ごすことだった。

参考になる人は参考にしてもらうと嬉しい♪

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ