ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症発病後(初)の「寝落ち」

2012/11/24

昨夜、パソコンの前に座っていたら、急激に眠くなって、机の上にもたれて「寝落ち」してしまった。

中学生の頃、テスト勉強で夜更かしして、座りながら机にもたれて知らない間に眠りに落ちた頃を思い出した。

 

これは、統合失調症発病後(初)のことだ。

限界まで起きていて、ネガティブなことを考えて、逃避的に睡眠するようなことはあったけど、今までは感覚的に過敏になっていた部分があるから、こんなふうに自然と「寝落ち」をすることがなかった。

常に入眠障害で、薬を飲まないと眠れなかった。

こんなにも自然な眠気が来たのは、統合失調症を発病して16年もの歳月を必要とした。

 

今この状態になって分かるんだけど、統合失調症を発症して、今までどれほどあらゆる刺激に対して過敏になっていたかってことが分かる。

それと同時に、心の在り方を正しくすると、驚くほど繊細な感覚を残していたままでも、自然な眠気が来るようになるんだと分かった。

 

この状態は、素晴らしい。

ある意味体力的に中学生に戻ったようなそんなウキウキ感と穏やかさがともにある。(幸せ回路作動中♪)

その後反動の過眠

2012/12/01

スッキリ眠れるようになって、睡眠薬が効く効く!

今日は何もなかったので睡眠薬飲んで20時間ぐらい眠ってしまった。

この状態になって分かるんだけど、どれだけ深い部分に疲労を溜めていたかってことだ。

意識できなかっただけで、起きているだけでも、心と体に負担をかける生き方をしてたんだなぁ。

今までの経験からいうと、この休息期が終わると、自然と心が動き出すと思うので、更新を楽しみにしている人はのんびりと待っていて下さい。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ