ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

起きているのが楽(初)

2013/07/02

6月は心理的に飛躍的な成長を遂げたようで、その変化が大きすぎてなかなかブログの更新が出来なかった。

更に今日になって統合失調症発症後初の「起きているのが楽(初)」な感覚がやってきた。

この状態に辿り着くと、今までは無意識に時には意識的に「睡眠に逃避」していたことも分かるし、どれだけ苦しいイバラの道を歩んでいたのか。。。

よく頑張ったって、自分で自分を褒めてあげたくなる。

睡眠に逃避しないでいいっていうことだから、どういうふうに現実が変化していくかも楽しみにしている (*^_^*)

過眠傾向になる理由

陰性症状で過眠傾向になりやすい理由は、陽性症状で刺激に過敏になってしまって、疲弊した脳細胞を回復させるために必要な時間のように思う。

疲弊した脳細胞のまま、重い体を引きずって「人並み」に活動するよりも、充分に休んで筋肉が超回復して以前より強い筋肉になるように、脳細胞も超回復させた方が楽しい世界に辿り着く。

 

過眠傾向から抜けるには・・・
回復するまで過眠すること!

過眠傾向から抜けるために1番早いのは、心から焦りや不安や罪悪感を捨てて、休むのも仕事だと思って、のんびりと寝たいだけ眠ることだ。

状況によっては、眠りたいだけ眠ることって難しいかもしれないけども、時間がとれたときは眠りたいだけ眠る。

僕の場合は最近は「これ以上眠ったら脳が溶けちゃうんじゃない?」というほど眠った。

今思えば、これが大正解!

その眠っている時期は何も出来ないかもしれないけど、超回復した脳細胞は以前より効率よく働き出すようだ!!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ