ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

結局、睡眠過多は気にしなくて好い

2014/09/23

ちょっと時間が空きそうだったので、久しぶりに「惰眠を貪るぞ!」と眠ってみた。

考えてみると、今年は忙しさと緊張と不安で、そういう時間をとれる時期が1度もなかったかもしれない。

以前だったら「惰眠を貪る」期間は時間があればあるだけ、1週間でも、ほぼ眠って暮らすようなことが出来ていたが、今回は1日中眠り、翌日「よし!今日もまた惰眠を貪るぞ!」と思っても眠れない (´・ω・`)

結局惰眠を貪るのは1日で終了してしまった。

今までは、とりあえず睡眠に逃避していたいと心のどこかで感じていたのだけど、その段階は超えてしまったようだ。

 

結局、睡眠過多は気にしなくて好い

睡眠過多で苦しんでいる時期には、「ずっとこのままなのかなあ。このままじゃだめだ」という不安もあり、どうにかして睡眠過多から逃れようとしがちだ。

「睡眠過多」についてのトピックがこれだけ多くなったのも、それだけ大きなストレスに感じていたからだろう。

 

しかし、結局、睡眠過多から抜けて分かったことに、睡眠過多は気にしなくてもいいということだ。

予定や仕事などの強制力があれば起きられるし、心が安定して自然体になってくると起床時のストレスが少なくなり、睡眠は安定してくる。

 

睡眠過多は自然に治っていくという到着点があると知っておくと睡眠過多のストレスはかなり軽減されて、睡眠過多で苦しむ期間もより短くて済むことだろう。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ