ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

心理的な成長の後には過眠傾向になる

2013/05/18

僕の場合、あまり眠らなくて良い時期は1日5時間程度の睡眠で大丈夫な時期もある。

逆に20時間眠り続けることもある。

心理的な成長の後に過眠傾向になりがちだ。

それは、心理的に成長して、心のヴァイブレーションが上がって、それに対応するために、体が休息しヴァイブレーションを心と同じレベルまで引き上げるために必要な睡眠だと解釈している。

「規則正しい生活リズム」は重視していない

僕は「規則正しい生活リズム」が統合失調症の高いレベルでの寛解に繋がるとは考えていない。

統合失調症を発症する人は一般常識では考えられないような柔軟な思考回路感性の鋭さ、など進化している部分があって、鈍感な一般人ではたどり着けないある種の「極み」にたどり着ける可能性を秘めた人種だと思っているし、こうやって情報を共有する人が増えてくると、実際にそういう感性的にも能力的にも一般人を超越した人が生まれるんじゃないかと期待している。

 

睡眠にしても、一般常識で考えられている「規則正しさ」はむしろ高いレベルの寛解には至らず、思考も感性も一般人と同じような鈍感さに繋がるような気がしている。

薬の力で鈍感な一般人と同じようにすることが、今の医学の到達点であるようには思うけど・・・。

 

だって一般常識では考えられないような思考回路や感性の鋭さなんだから、一般常識では考えられないような、心と体が自然に求める生活リズムが高いレベルの寛解に繋がるんじゃないかな。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ