ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

心が安定してくると睡眠時間は短くて済む
~ 不安定な生活リズムもある意味楽だったのかも ~

2013/01/21

スピリチュアル系オススメの本でも紹介した「神との対話 」に「精神的に成熟するとストレスを感じにくくなり、現実世界に留まれる時間が長くなる。そして睡眠時間は短くて済むようになる」というような記述があった。

当時の僕は、まだまだ未熟で、自分ほど精神的に成熟している人はいないとうぬぼれていたところがあって、常に過眠気味だったけど、「その記述はどうなんなんだろう?間違いじゃないのかな」と頭では考えていて、心の奥では「精神的成熟が足りないのだ」と無意識に感じていたように思う。

ネガティブに留まれない段階

最近心が落ちついてきてネガティブに留まれない段階に入ると、生活リズムも整ってきたし、20時間眠りに逃避するようなことは出来なくなったし、今までよりずっと睡眠時間が少なくて済むようになった。

今までの僕は様々な心の課題が未解決で残っていたから、逃避的に過眠傾向にあったんだなと冷静に見つめることが今なら出来る。

 

不安定な生活リズムもある意味楽だったのかも

しかし今まで不安定な生活リズムが続いていたから、むしろ不安定な生活リズムが僕の「安定した」状態で、正しい生活リズム・少ない睡眠にまだ慣れていない。

生活リズムが不安定だった頃は、どうにか安定した普通の人のような正しい生活リズムを渇望していたというのに、むしろ不安定な生活リズムの方が好きな時間に睡眠に逃避できるし、楽だったんじゃないかと感じるぐらいだ。

これから整った生活リズム・過眠せずにより短い睡眠時間で自分を保てるようになると感じている。

正しい心の在り方になると、ストレスが少なくなり、睡眠時間が少なくなるのは本当のことだったんだと感じている今日この頃だ。

 

睡眠障害に困っている人は、生活リズムを正しくしようと無理をするよりも、自然な心の在り方を求めると自然な生活リズムに近づいていくと思う。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ