ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

~ 過眠は大歓迎 ~
時計の奴隷ではなく、自分が時間を作り出す

2012/11/30

11/24日に統合失調症発病後(初)の寝落ちをした。

それだけ精神的に安定してきてレベルアップした部分があるということだろう。

そのレベルアップに対応する、肉体的な反応として風邪のような症状が数日続いた。

その後、反動の鬱気分がやってきたが、それは2時間ぐらいでなくなった

寝落ち(初)以降、睡眠薬を飲んでスッキリ眠れるようになったので、現在は過眠しがちな状態だ(笑)

「キチンとした生活リズムにしなきゃな・・・」

と、考えながら眠りながら考えていたんだけど、それって無意識にある「規則正しい生活をしないといけない」という心の囚われかもしれないということに気づいた。

僕は幸い時間は充分にあるので、ある程度生活リズムが崩れてもやっていける。

眠りたかったらいつでも眠って、起きたかったら起きる。

そっちの方が不規則だけど、ある意味では肉体の反応に準じた規則正しい自然なリズムとは言えないだろうか?

それが社会的にも時計ともマッチしてきたら、本当の意味で回復したといえるんじゃないかと考えを変えてみた。

時計の奴隷ではなく、自分が時間を作り出す

時間に縛られるのではなく、僕自身が時間を生み出す側になるという感覚。

うん。その方が自然だ。

その視点から考えると、いかに現代が病的な生活を強いられているのかというのも分かる。

多くの人は、言うなれば「時計の奴隷」となって社会的に「正常に」働いている人が多いように思う。

この「狂気」が支配する社会の中で・・・。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ