ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症は眠ったら回復する

2015/07/08

今までにない最近の好調!

普通の人にとっては当たり前かもしれないけど、1番嬉しいのは、眠ったら疲れが取れて意欲が復活するということだ(笑)

 

陰性症状の時期も眠れば回復する

特に陰性症状が酷く出ているときには、いくら眠っても疲れは取れない。

これは一般の人はアクセス出来ないほど常識はずれな程深く繊細なレベルで脳が活動をしているためだろう。

しかし、疲れは長いスパンでみれば、眠れば回復する。

回復が遅々として進まないから、回復していないように感じるだけで、実は1週間1ヶ月1年という単位で考えると、睡眠により脳は確実に回復し成長している。

 

規則正しい生活リズムで統合失調症は回復しない

いくら眠っても回復しないように見えるから、医師すら「睡眠では回復しない。規則正しい生活リズムが大切なのだ」と短絡的な思考で考えがちで、それが今までの主流で、過ちだった。

本当は睡眠が必要な時期に「規則正しい生活が回復の近道」と間違った方向に進んでしまうと、脳の疲労は取れず、統合失調症になった最大の恩恵である脳のバージョンアップという幸福には辿り着かない。

一昔前の寛解者というイメージで、ぼーっとして、社会生活は何とかこなせるが、能力的には絶望的に劣る、というような。

 

僕らが目指す者

僕らが目指すのは、前時代的な寛解とは決して違う。

一般の人ではたどり着けないほど、洗練された精神を持つ、何者かなんだ。

今、眠るしか出来ないでも、そのうちに回復したら、脳は常識はずれに鍛えられたということだから、一般の人では及びもつかないほどの快復力を示すようになる!

そのときは、必ずやってくるから、のんびりしか出来ないなら、ストレスを感じないように、眠り続ければいいよ♪

それが回復の近道!

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ