ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

起床後の気分の重たさとイライラ

2012/11/27

起床後はイライラしがちで、特に眠っているところを起こされると、ちょっとしたことでイライラが爆発してしまっていた。

自分の心の奥にイライラを捕まえてしまう観念があるんだろうな・・・と深く自分を探求して、心の課題を解いていくうちに、そのイライラはだんだんと少なくなってきたが、全く無くなるわけではなかった。

また、起きても気分が重たく、酷いときには朝起きて昼過ぎまで何もしたくなくて、タバコに逃避し音楽を聴きながらぼーっとしている時期もあった。

 

そんな調子だけど、夜になるにつれてだんだんと気分がハイテンションになって、「このまま眠らないでも生活できるんじゃない?」と感じるほどにノリノリになる。

もし、統合失調症になった経験がなかったら、そういうときに起きっぱなしで、病院直行コースをたどることだろう。

 

夜ハイパーモードでノリノリでも、その気分が翌日まで続くことはない。

「起きたら、この気分は続かないし、気分重たくなるから、眠りたくないなぁ・・・」

とこの気分の良さを長く感じていたい!と就寝時間は遅くなりがちで、ハイテンションとネガティブの悪循環無限ループに陥っていたように感じる。

 

その時期は1度眠ったら、「もうこれ以上眠っていられない」と感じるぐらい過眠することが、自分のコンディションをある程度保つために必要だったので、目覚ましも掛けず浅い眠りの中20時間以上連続で眠ることも多かった。

 

そのリズムが変わってきたのは、統合失調症発病後(初)の「寝落ち」 を経験してからだ。

夜、リラックスして眠りに落ちられる!

ぐっすり眠れるようになって、睡眠の質が上がった!

その結果として・・・

朝、イライラしない!

朝、スッキリしている!

そういう気分がやってくるようになった!

今まで、朝のイライラと気分の重たさは、簡単に言うと、「充分に精神と身体が休まってないよ!」という体からのメッセージだったんだと分かる。

 

「グッスリ眠り、スッキリ起きる。」

多くの人が普通にこなしているであろう、その段階にたどり着くまでに、僕は16年もの歳月を必要とした。

1つが変わるとすべての面で変わっていくから、これからまたしばらくは新しい世界に対応して、その中でベストの活動の仕方を考えていく時期だ。

 

どうすれば、この状態にもっと早い時期になれたんだろうと自分なりに考えてみた。

王道はないけど、自分の心に感じているストレスを逃げずに正面から受け止めて1つ1つ解決していくことしかないんじゃないかな?

このブログを読んでもらって、そのための道のりが示せて、1人でも多くの人が穏やかなヒカリの世界にたどり着くことが出来たら嬉しいと思っているんだ!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ