ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

起床時間の過ごし方

2012/03/25

朝起きた後はいつも気分が重い。

・・・何もしたくない・・・。

でも何かしなきゃ!

泥水に頭まで浸かったような重い気分の中で、走らない馬に鞭打って無理矢理走らせるように、僕を動かしていた。

何をしても楽しくないし、効率は悪い。

「こんなんじゃだめだ・・・」

更に落ち込む。重さと落ち込みの無限ループ。

「それでも何かしなきゃ・・・」

 

「重い気分」を受け入れる

発病後15年ほどそういう気分で過ごしたが、あまりにも疲れてしまったんだろう。

「やりたくない気分のときはやらなくていいや。結局、僕には無理だったんだ」

と半ば諦めの心境で抗うのをやめ、そのまま受け止めることにした。

しばらくは眠ることしかできない時期が続き、そのことに気分が落ち込みもしたが、しだいに「何かしたいなぁ」と今までにない自然な感情が湧いてくるようになってきた。

 

「何かしたいなぁ」気分に従って行動すると、それまでに1度もなかった、「楽しさ」を感じる時間が少しずつ増えていった。

ある日「今日は色んなことを充分やったなぁ」と充実感と達成感と満足感を感じる1日がやってきた。

 

1度その経験をすると「何かしなきゃ!こんなんじゃだめだ・・・」という「焦り」気分がスッと消えて、何ごとに対しても楽しくのんびりと集中してできるようになった。

楽しさも充実感も達成感も満足感ものんびり感も同時にやってきた!

生まれてから1度も感じたことのない感情だ。

 

朝「今日やりたいこと」を考える

それでも朝は同じように気分が重い日は続いた。

タバコを吸ったり音楽を聴いてぼーっとして、やりたいことが自然と生まれるのを待つうちに半日が過ぎることもあった。

休み時間、みんな楽しそうにワイワイしているのに、1人だけぽつんと教室の机に座っているみたい。

 

「なんか楽しくない」と思い、朝の重い時間に「今日やりたいこと」を考えるようにした。

やりたいことを考えると、考えているうちに楽しくなってきて、重さが軽さに置き換わり、すんなりと楽しいことをできるような気持ちになる。

 

そういう生活になると、楽しさ、充実感、達成感、満足感がもっともっとやってくる!

楽しさは更なる楽しさを呼ぶんだ!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ