ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症で分かる疲労感を感じないレイヤー

2012/11/14

10月の慌ただしさが終わった。

その間は、眠っても眠っても取れない疲れのようなものを感じて、時間がちょっとでも空いたら眠るようにしていた。

その慌ただしさが終わったら、「あぁ、疲労感を感じないレイヤー」にいればいいんだということが自然と分かってきた。

疲労感を感じないレイヤーがどこにあるか?

それは、統合失調症が酷くなる急性症状(「ハイパーモード」と僕は呼んでいます)の途中にある。

そのレイヤーにまで辿り着くのは、一般の人では無理だし(おそらくそのまま病気になってしまいますからね)一般の人にはあるのか分からないほど幅の狭い繊細な領域だ。

かなり上手に調整しないと、そのまま病気になるコースだからかなり慎重に心身を整えないといけない。

でも、その疲労感のない若干ハイパーモードで自分を保つことが出来たら、それはすごく楽しい。

疲れは感じずに、常に穏やかなハッピー感とともにあるから!

統合失調症を発症した人は、回復するとここまで幸せになれるってことを頭の片隅にでも入れていてもらいたい。

そうなるまでに僕は16年掛かったけど、こうやって情報を共有することで、僕よりずっと早い時期にそういう段階に辿り着く人が出てくるんじゃないかな。

 

2013/04/06 追記

更に精神的に成熟して、新しい理解が生まれたので、むしろ下記のトピックが参考になると思います m(_ _)m

追記:うつの到達点:何もしなくても楽しい♪

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ