ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症の基本的治療

統合失調症の治療は

  1. 医師とのカウンセリング
  2. 薬物療法
  3. デイケアなどの作業療法
  4. 睡眠

これらが主になると思う。

病状が安定しない時期には、医師の言葉が神の言葉のように響くこともあるし、薬がなければ平静を保てない感覚を得たり、デイケアで人と関わることで心の痛みを共有したり、と素晴らしいことばかりだ。

この点に於いては、現在の医療を否定しているわけではないので、あしからず。

 

ただ病状が回復してくると、新しい世界が見えてきて、そういった治療に疑問を持つようになってくる。

結局のところ医師は統合失調症の繊細で表現のしようがない心象世界についは理解する術を持たない。知識と経験を以て薬を処方する傍観者でしかなくなる。

薬も統合失調症患者の持つ繊細な感覚を麻痺させて、鈍感な一般人と同じ感覚を目指すだけだ。

デイケアなどの作業療法も一般的な社会に適応させることが目的だろうが、僕ら繊細な感覚をもつ統合失調症患者に一般的な社会生活を営ませるよりも、むしろその繊細な才能を活かして生活することを目的にする方が理にかなっていのではないだろうか。

ただ問題は、それほど繊細な感覚を理解し、そこに導く人が一般の世界にはいないことだ。

 

そうした人がいないのだから自分でどうにかするしかないと、僕は「心を整える」ことに重点を置いた。

その結果、長い時間はかかったが、繊細な喜びと楽しさと穏やかさの、ニルバーナと表現しても差し支えないような輝かしい世界の扉を開く一歩手前まで来ている。

ただ、その世界はとても狭いレイヤーで、一般の人では感じることすら出来ないだろうし、ブレとは言えないほどのちょっとした心の乱れで、その世界からははじき飛ばされてしまう。

今は髪の毛よりも細いレイヤーの世界に感じているが、その世界を観察できること、そして近い将来その世界の中で暮らせるのは、統合失調症となった僕らの特権ではないかとすら思っている。

もし将来この世界の中で暮らせる人が増えたとしたら、世界は素敵な光を放ち地上天国のようなものが出来上がるかもしれない。

そんなステキな世界を僕らは見ているんだ。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ