ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

心の課題を解決した後の移行期はのんびりと♪

2014/07/14

回復の初期の頃は、心の課題を解決すると、「心の問題を解決しなかった方が楽だったんじゃない?」というような辛い状態= 好転反応がやってくる。

急に心のレベルが上がったために、体が追いついていないからだ。

特に回復の初期の頃は、長い時間かかることも多い。

僕の場合1番最初に解決した大きな心の問題である「怒り」から抜けると、半年ぐらいはうつ気分になったんじゃないかな?

今考えると、そういうときは、しばらくは移行期だと思ってのんびり過ごす意識を持つとより短期間で回復することが出来たように思う。

 

移行期はしだいに短くなっていく

直面する心の課題は最初は大きな問題で、目の前にある課題を一つ一つ丁寧に解決していくと、次第に繊細な問題まで解決できるようになる。

そうなってくると、レベルアップに伴う心身のバランスが取れない状態が、だんだんと短くなってくる。

 

最近というか昨日「面倒だ」気分を完全に解決したら、今日は反動の好転反応で何もしたくない時間がやってきた。

しかし、移行期だからのんびりと過ごそうという意識で待っていたら、 もう夜には回復して「面倒だ」気分を1つも感じずにこうやってブログの怒濤の更新を始めているという(笑)

 

統合失調症になったのはラッキーなアドバンテージ

統合失調症になると、最初の頃はこの世の地獄を観るという表現があながち嘘ではないような苦しみを受ける。

病気の初期では「何で私なんだろう」「なんで私だけこんな苦しみを受けないといけないんだ?」「前世からのカルマかな?」などと感じ絶望に沈む人も多いけど、理想的に回復すると単に精神的・肉体的進化の過程だったんだなぁと気づくときがやってくる。

 

それは統合失調症の苦しみとは真逆にある、ストレスフリーのヒカリの世界にたどり着くために必要なプロセスなんだ。

統合失調症になったことはヒカリの世界のパスポートを手にしていることと同義だから、アドバンテージで、ラッキーなことなんだよ♪

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ