ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

課題を解くと反動で苦しいのは精神的進化の過程

2012/03/23

現在直面している心の課題を解決すると、心理的にも環境的にも様々な面で変化することもあり、その変化に対応出来ずに今までよりずっと苦しく感じたり混乱したりすることもある

また今までその課題に隠れて見えなかった、より深いレベルにある心の課題が表面に出てくることもある。

その新しい課題に直面すると、以前よりも状態が悪くなったようにも感じることもあるが、それは今まで意識できなかっただけで、心の奥でネガティブを生み出し続け心身を蝕んでいたものが表面に出てきただけだ。

そういった課題を解いた後に反動としてやってくる苦しみや混乱は、精神的な進化の過程に必要な痛みなのだと捉えると辛さは少なくなる。

 

課題を解決し、新たなに生まれた課題について考える・・・。

1つの課題を解決するにしても長い時間がかかることが多いから、次々とやってくる課題に終わりはないんだと絶望的に感じることもある。

しかし忍耐強く繰り返していくうちに、1つの課題を解いた後の反動の苦しさはだんだんと軽くなってくる。

そして心の痛みがだんだんと少なくなって、ネガティブな想念よりもポジティブな想念が心を占めるようになってくる。

 

心の病をもつ人の場合、普通の人では感じることのできない繊細な心の課題を解決する機会が与えられている。

それを乗り越えたときには、一般人よりもずっと安定して穏やかな世界にたどり着くことができる。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ