ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症は指数関数的な回復

2015/09/14

統合失調症から完全寛解を感じるようになって、次第にこの病気の回復過程を俯瞰できるようになってきた。

もう少し進むと「統合失調症からの回復」について本を書けるほどに理路整然とまとまるように感じている。

今までの内容は「病気で苦しんでいる人」には共感してもらえる部分が多かったけど、一般の人にとっては恐らく「?」なことが多かったろう。

すぐにではないけど、そのときが来たら、出版社の方お願いしますよ(笑)

 

千年日記

大学生の頃からパソコンを使っている。

パソコン歴は約20年だ。

当時はwindows3.1がこれから発売されるという時期で、新しい時代の胎動を感じたものだ(遠い目)

その頃はmicrosoft wordで文章を作るのにも、すぐにパソコンがフリーズするから1行入力するごとに保存したりしてた(笑)

今のように、ほぼストレスなくパソコンを使えるようになったのは、当時を知る人からすると隔世の感があるだろうし、テクノロジーの進化を考えると、現代は「夢の世界」のように感じる。

こうやって気軽にブログを書いて、情報を発信出来るし、しかもその情報で救われる人もいるという!

楽しい世界だ!

きっと、この流れは止まらず、新しい理想的な世界がやってくるだろうなと想像すると嬉しくなってくる。

 

病気になる前からから「千年日記」というソフトで日記を書いてきた。

色々なデータがハードディスクの不調などによりなくなってしまったが、日記データだけは確実に保存して今でも残っている。

僕にとって、それだけ重要なものなんだろう。

 

指数関数的な回復

回復期に調子が思わしくないと、よく日記を見返していた。

1年前に比べると、「少しは成長しているなぁ」と安心感を得ていた。

次第に病状が良くなると、見返すのは1年前ではなく3ヶ月前になったりと、だんだん今の自分との比較対象がより短期間前の自分になってきた。

最近は、完全寛解を感じるほど回復して、比較するのは1週間前とか1日前になってきた。

それだけ劇的に回復しているということだ。

 

統合失調症は指数関数的に回復する。

最初は長い時間ほとんど変化がない。

「このまま一生回復しないのではないか・・・」と疑心暗鬼になって絶望的なうつになりやすい時期だが、時間と共に回復度は劇的に高まるということを知って欲しい。

今ブログを書く上で大きなモチベーションとなっているのは、「一生病院から出ることが出来ない」と思われていた程に状態が悪かったのに、理想的に回復して完全寛解を感じることが出来るようになった回復過程を共有して、希望を得て貰いたいというのが大きい。

主治医が「論文にしたいレベルの回復」と言っていたこともあるから、僕の経験を残すことは「もう治らない」と宣言された人や、病気で苦しむ後の世代にとって、大きな道しるべになるかも知れないと考えたからだ。

 

僕の回復の過程は、おそらく今までの常識とは一線を画する。

前時代的な方法では回復出来なかったと確信している。

直感を信じ、常識とは異なったアプローチで完全寛解に辿り着いたが、実際にこのブログを読んで劇的に回復している人も多い。

これから、より短期間でスムーズに回復し、統合失調症の繊細さというアドバンテージを活かして活躍する人が増えてきとしたら、統合失調症に関する考え方も変わるだろうし、病前よりも驚異的なほどに高い能力で社会貢献していく人も増えていくだろう。

希望ある未来しか見えない(*^-^*)

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ