ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

1つ変わる = 全体像が変化する
~ 目の前にある課題を解決していこう! ~

2012/11/28

統合失調症の患者はちょっとしたことで生活のリズムが変化しやすいというトピックを書いた。

その理由としては、心理的にも環境的にもちょっとした変化が普通の人の感覚では分からないほど、極端な変化に感じてしまい、すべての面に於いて変化しないと対応できないからだろう。

目の前にある課題を解決していこう!

統合失調症の場合、繊細な、ネガティブな言葉でいうなら過敏すぎる感覚を持っているから、心の内に「焦り」や「不安」など様々な問題を同時に抱えてしまうことになる。

どうやって対処すればいいのか?

僕の場合は、取りあえず目の前にある課題(主に心理的な課題)を見つけ、それがなくなるまで見つめて解決する方法でやってきた。

その方法が優れているのは、1つの課題を解くと全体像が変わるから、全体的にレベルアップして、今まで感じていたネガティブが全体的に少し小さくなることだ。

目の前にある課題に、そのとき解決すべき問題がすべて含まれていて、それを解決すると、次の課題が見えてくるというイメージだ。

普通の人にとってもそうだが、1つが変わるということは全体像が変わるということに等しいから、取りあえず目の前にある課題を解決することを考えてみよう。

目の前にある楽しさを選択する段階

特に、このブログを書くようになって、安心感と満足感・充実感・達成感、そういうポジティブで穏やかな感覚を得られるようになり、今まであった「焦り」や「不安」のようなものが極端に少なくなった。

この状態になると、スピリチュアル系オススメの本でも紹介したバシャールの言葉「今選択できることのうち1番楽しいことを選択していこう」という気分が分かるようになった。

そうなると楽しさは、更なる楽しさを呼ぶ。

穏やかさは更なる穏やかさを呼ぶ。

ネガティブな無限ループを抜け出して、新しいポジティブのループしていく世界だ。

こうなると、多くのことが楽しくなってくる。

結局、目の前にある課題に、今解くべきすべての問題は含まれている。

楽しいと感じることを選択できるようになったら、心理的にも環境的にも人生は劇的に変化していくみたいだ。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ