ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

楽しい♪楽しい♪精神病棟

2013/09/09

2010年 2度目の入院は高級リゾート気分!」というトピックを書いたぐらい僕の2度目の入院は楽しく、今でも年に1回リフレッシュとして1週間は入院したいぐらいだ(笑)

精神病棟が楽しくなった理由

16年前の入院では独房も経験したし、暗黒・絶望・失意・・・ ネガティブな側面しか見えなかったから、入院は2度としたくないと思った。

そんな僕が2度目の入院に楽しさを感じたのは統合失調症がどういう病気なのか、何も知らなかった当時よりも理解は深まり経験値も上がって、確実に寛解するということを知っているから、そこから生まれる心のゆとりで精神病棟の楽しい側面が見えてきたということもあるだろう。

 

社会的な偏見がなくなったのも要因の1つだと思う。

「精神病?精神病院?そんなの関係ね~!」といような精神医療に対する一般の人たちの考え方の変化が大きいように思う。

 

環境の変化も大きい。初回入院では、まだ窓が開放感を感じる透明な強化ガラスではなく刑務所を連想させるような鉄格子で、それを見る度に落ち込んでいたものだ。

精神病棟が楽しい理由

精神病棟を謳歌している人もたくさんいる。

何が1番楽しいかというと、ありのままの自分を表現することを許される場だということだ。

自分が辛い思いをすると、他人に対して優しくなれるというが、皆入院する程度の心の痛みや傷を持っているから他人の痛みや他人のことが分かる。

一般人から見たら奇行のような行動も、無視するのではなく絶対的な包容力で受け入れてくれるような雰囲気がある。

精神病棟を楽しんでいる人たち

歌うおばちゃん

すごく歌の上手いおばちゃん。

歌に込められた感情が心に伝わるぐらい。

あるとき八代亜紀の歌で「雨雨降れふれもっとふれ、私のいい人連れてこい~♪」と歌っていた「あぁ、私のいい人は来ないんだ・・・」って意味が心に染み渡ってきた。

歌って技術で歌うんじゃなくて心で歌うんだなぁって教えてもらったと思っている。

そのおばちゃんが「外の世界よりここが好いでしょ。外では歌い時に歌えないじゃない」と言ったのが印象的だった。

20歳の女の子

初めて病院の喫煙室に入ったときに、とても穏やかな落ち着く雰囲気が残っていた。

その場にいる人たちが出しているものではなかったので、誰がこういう雰囲気を残すぐらい落ち着く波長を出しているのだろう?と不思議に思っていた。

数日後、外泊から1人の女の子が帰ってきて、たまたま喫煙室で2人きりになる機会があった。

彼女は美味しそうにタバコをふかしながら「あぁ!病院ってやっぱり落ち着く」と言った。

彼女にとってはその場に雰囲気を残すぐらい、落ち着くし穏やかになれる場が精神病院なんだろうな。

彼女は「精神病院だったら人間関係のこと考えなくてもいいじゃない。好きな人とだけ話して、嫌いな人は切っても問題ないし、しつこい人がいたら看護師に言って近づかないようにしてもらうこともできるし」と。

Twitterでの会話

精神病棟は楽しい!!

そういう話がTwitterでも出たので以下転載。

精神科病棟における笑いって大切だと思う。もちろんバカにしたり差別的な物では絶対ない。同じ境遇にあって、またそれに従事して真剣だからこそ生まれる共感的な笑い。自分自身を守るためにも必要だからこその強く優しい笑い。

すごく分かります。一般の人では共感できないような、ある意味クレイジーな笑いが楽しくてしょうがありませんでした。

ありがとうございます♪その通りですよ!病棟楽しいんです!hoshuさんにそう言っていただけて私だけじゃないって嬉しいです。

むしろ外泊から帰ってきて、病院落ち着くわ~って言ってた20歳ぐらいの女の子がいたの思い出します。そういう楽しい場所ってみんなが知ってくれると嬉しいですよね♪

そうそう!私も1ヶ月入院して外泊あった時に病棟帰ってきたらそう感じました。そんな悲痛な所じゃないんです。いざとなったら看護師さん、先生いてくれるし自宅とはまた違う安心感ありますよね。

僕の場合、ありのままの自分を表現出来る雰囲気が好きでした。歌いたかったら歌ったり(^-^)v

そうそう!歌歌ってる人います。聴いてるの好きなんです。独り言とか内心で「うんうん」って聞いてます。時々他の人が「うるさいっ」って合いの手も楽しいです。

むしろ皆が自由に個性を表現出来る病棟内の方が自然じゃないか?とも考えることあります。 死んだ顔して満員電車に揺られる人たちとどっちがまともなのか分かりません。。。

けして個性を否定しない環境で歌いたい時歌って、話したい時話せる。冷静に優しくツッコミも入ります。お互いにゆっくり尊重しあえます。人によっては入院なんてこりごりってあると思いますがhoshuさんは良いとらえ方をなさってるんですね。

独房の辛さもしってますけどね(苦笑)でも、多くの人が楽しい♪ と思えるなら、きっとすんなりと回復する人が多くなるだろうなと思って、ブログも書いてますよ(*^_^*)

独房はね…でも必要だからこその対処ですもん。楽しくて前向きになれるなら病気との付き合い方も見つけられますよね。ヒントが沢山ある場所です。hoshuさんのブログに救われる方いっぱいいらっしゃると思う!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ