ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症であることを伝えるべきか?

2012/12/10

こうやってブログを書くようになって、ありのままの自分を表現できるということが心理的な安定に繋がるということを実感している。

それだけ回復して自分のことを冷静に見つめられるようになったということが大きい。

以前は僕自身も家族も統合失調症であることはひた隠しにしてきたが、最近は「精神的にもろい部分があって、入院したことある」みたいな表現で、親しい人には伝えるようになった。

そうなると、周りの人が気を遣ってくれて、更に自由を満喫できる!(笑)

「統合失調症」と伝えるより「精神的に疲れた部分があってカウンセリングを受けている」などの軽い表現で伝えると相手の理解も得られるし、偏見も少ないだろうし、何より本人と家族の負担が少なくなる。

 

ただ、病状が安定しない状況では、親しい人にも伝えることは出来なかった。

社会的な偏見が怖かったからだ。

ありのままの自分を表現できないでいることは、鬱にも繋がりやすく実際そういった心の重さは常にあったと思う。

病状が思わしくないときには、本人も家族も問題を1人で抱えがちになり病気の回復からは遠のく場合が多い。

そういうときには、1人で抱え込まずにブログを書いている僕のような人にメールしてみるとかすると良いかと思う。

僕の場合は統合失調症歴16年の経験から出来るちょっとしたアドバイス程度だけれども、私たち繋がっているんだ!感を得られるだけでも精神的に安定するし、そのちょっとしたアドバイスが役に立つ場合もあるから。

 

このブログを書いている1つの大きな目的は統合失調症に対する偏見のようなものを少しでもなくせたらという思いがある。

100人に1人は罹患する風邪みたいな病気なんだよ!

治るんだよ!

それがたった1人の心に響くだけでも、僕は大きなことを成し遂げたと言っても過言ではないと思っている。

 

簡単にいうと、感想メールカウンセリングメールお待ちしてますってことだ(笑)

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ