ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

発病直後は医師の指示に従う!

2012/11/16

最初に発病した頃は、服薬を嫌がり、目を離すと飲まない患者さんも多く見受けられる。

初期の段階では、強い薬を処方されることも多く、その副作用の辛さと、自分が精神病であるということを認めたくない気分と相まって、僕もご多分にもれず、服薬は拒否しがちだった。

しかし、発病後の時期は経験がないのと、頭が冷静にクリアに働かないことが多いので、その時期は医師の言うとおりに服薬をした方がいい。

入院している患者を、退院させるまでのノウハウというのはどう考えても患者より医師の方が優れているから。

 

時期が来て、自分の頭で考えられるようになったら、より自分に合った薬を探すこと。

その時期も過ぎたら、自分の体調を観ながら頓服(必要なときに飲む)をするのが心理的な安定に繋がるように思う。

 

ただ、このトピックを見た医師の中や家族の中には「医者の服薬は絶対に守ってもらわないと治るものも治らない」と批判的な視点で見る人も居るかもしれないけど、初期の頃であれば、それが大切だけれども、ある程度回復すると、服薬に関してはそこまでシビアにならなくても良いように感じている。

 

状態が良くなると通院も服薬もやめて医師の目の届かない場所で暮らすようになる患者さんも多いことだし。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ