ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

睡眠薬が効かなくなってきた

2013/03/21

発病して17年目に突入した。

この間ずっと「ロヒプノール」と「パルレオン」が中心的な睡眠薬だった。

発病後1年ほどは平均して20時間ほど眠っていたのでないかと思うし、20時間眠った後でもロヒプノールを飲むと、それでも眠れていた。

僕の場合睡眠が足りなくなると、ハイパーモードに突入して、病院直行コースになりがちなので、無理しないでいい時期には、できるだけ睡眠をとるようにしていた。

初期の頃は陰性症状が酷く、ロヒプノールを飲んで無理矢理眠っていた。

その頃はポジティブな思考はほとんどなく、心の中はネガティブな感情が渦巻いていた。

経験上、ネガティブな思考に焦点を当てると、それが辛いから睡眠に逃避して眠りやすかった。

最近の状況

最近は今まで効果的に聞いていた、ロヒプノールとパルレオンを飲んでも、あまり眠れなくなってしまった。

むしろ睡眠薬と言うよりも安定剤として使用して、まったりとする感じだ。

17年間ほとんど問題なく眠れていたから、今更慣れてきたということではないに思う。

睡眠薬の効き方は精神状態に大きくされるようだ。

新薬:ロゼレム

そういうこともあって、ネットで調べて主治医に相談して「ロゼレム」という薬に変えてもらった。この薬が優れているのは、今までの睡眠薬とは違い「夜になったから眠る」というリズムを作るということだ。

今まで飲んできた薬は「疲れたから眠る」という状態を無理矢理に作るタイプの睡眠薬だとネットで調べて分かった。

そういえば、ネガティブが心の中を中心的に占めていたときには、ネガティブな想念に焦点を当てると、現実逃避的な睡眠で眠れていたように思う。

 

最近は精神的にも飛躍的にポジティブに進化して、起きているときのストレスが少なくなり、長い時間起きていても、眠気やストレスも感じなくなってきた。

そのために「無理矢理疲れを感じて眠る」ことが難しくなったのだと思う。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ