ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ジプレキサの減薬・断薬は年間単位で

2015/03/20

ジプレキサは血糖値が上がりやすく糖尿病になりやすい、食欲が増進されて太りやすい、という副作用がある。

ジプレキサの断薬は慎重に

ジプレキサの断薬・減薬については、あまりオススメしない。

今の状態で不満がなければ、そのまま続けることをオススメする。

急に眠れなくなったりフラッシュバックしたり症状が悪化したりしやすいからだ。

特に入院中の患者がジプレキサの量を減量すると、目に見えて調子が悪くなるというのは、頂くカウンセリングメールからも確信をもっていえることだ。

 

ジプレキサの減薬・断薬は年間単位で

しかし、その重篤な副作用(太る)が辛くなって断薬・減薬を考える人も多いかと思う。

その際には、焦らず年間単位で減薬・断薬を考えることだ。

2.5mgを1年単位で減らすイメージ。

 

ジプレキサの減薬・断薬について1番参考になるブログは、相互リンクでも紹介している、『☆娘と共に・・・☆』だ。

2012年10月に突然統合失調症になった娘の記録で、ジプレキサ20mgから始まって、10mg → 7.5mg → 5mg → 3.75mg と医師と相談しながら時間をかけながら徐々に減らしているそうだ。

目標は最低維持量の2.5mgから、その状態を3年続けられたら断薬も可能だとの医師の判断だそうだ。

徐々に減薬して、最低維持量で数年様子を見て断薬というのが一般的な流れだと思う。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ