ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症は実は簡単に治るのだ!

2012/12/15

例えば、茶道など、細かい所作にも決まり事があり、複雑で難しいという印象はないだろうか?

それがあるとき、パリンと氷が砕けたように、「ぁぁ、主人は相手を心からもてなす、客はその気持ちを感謝の心で応える」それだけのことではないかと感覚的に理解する瞬間がやってきた。

複雑な、威儀・作法があるわけではなく、お互いに相手のことを心から想うとと、自然とその所作になっていく。

何百年も掛かって自然と生まれた、繊細で論理的かつ実用的なマニュアルのようなものだと今の僕は感じている。

ただ相手のことを一期一会の心で思うこと。

それだけだ。

そういうことが分かると、茶道の面白さ神髄などが見えてくるのかもしれない。

僕は茶道学んでないですけどね(笑)

統合失調症は実は簡単に治る

そういうことに気づいて、実は統合失調症も同じように、難しいことではないと思えるようになった。

むしろ簡単な病気だ。

それだけ僕自身の状態が回復してきたということもあるだろうけど、病気の回復を難しいものとしていたのは実は自分自身や社会の偏見、即ち「統合失調症から回復することは難しい」という観念だったんだというのが今になると身に染みて分かる。

 

統合失調症を発症した人は一般の社会常識とはかけ離れている精神構造であったり、繊細さであったり、常識を超越した才能を秘めている人が多いように感じている。

その一般常識の理解を超えた能力を発揮するためには、一般常識で言われている生活ややり方では、無理だ。

駄馬には駄馬なりの、名馬には名馬の調教をしないといけない。

統合失調症を発症したのは「駄馬」だと考えられている現在の状況ではあるが、僕は統合失調症を発症する人は常識を越えた「名馬」で、その調教方法も一般的な社会常識では通用しないという視点で考えたい。

一般常識を超越した場所に、鍵がある。

一般常識を超越した場所にある鍵は、一般の感覚では見つからないと思うかもしれないが、実は簡単なことだ。

ただ、本来のあるがままの自分を表現し、その心が望むように動くこと。

それだけなんだ。

そのためのヒントとしてこのブログが役立ってくれるとしたらそれ以上の喜びはない。

これまでこのブログは、暗闇の中で一条のヒカリを見つけてもらうことが目標であったけど、頂いたメールなどから考えるとある程度その目的は達成したように思う。

これからは僕自身がそヒカリの世界への道のりにあるから、そこにたどり着くためのヒントとしてくれる人が多くなるかもしれない。

幸せ回路動作中♪

みんな! まず幸せ回路を動作させよう!(笑)

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ