ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症とダンスの神様

2014/06/10

陽性症状が酷かった時、確かに私の感性は最大限に発揮されていて、メロディーが言葉となって耳に入ってきたり、ダンスの振り付けが幻覚となって浮かんできたりしていました。

今はお薬のせいか、感性が閉じられているような感覚です。

恐すぎる幻覚の方が多かったので、再発は嫌ですが、あの時の状態の自分に戻りたいとどこかで思っているのも確かです。

発症の幕開けのあの頭が冴えすぎる感覚は今思い出してもたまりません(笑)

記憶力も理解力も一時的に抜群にアップして、超人になった気分でした(笑笑)

幻聴があったので私の力ではなく神様の力とか思っていましたが、全部自分だったと分かったときには、驚きました。人間の脳って不思議と思いましたね。

神様といえば、私の場合は日本の踊りの神様アメノウズメが出てきて、身体を支配されて踊らされたり(いつもよりうまく踊れた笑)、ダンスのレクチャーされたりもしました。あの感覚も相当不思議でした。

 

統合失調症の陽性症状では、このように超人になったかのような瞬間がやってくる。

現代の医学では、薬の力を使って感性を閉じ、普通の人と同じ「鈍感な感性」にすることが到達点のように思われる。

しかし、超越した感性を保ちつつ、心の奥にある、恐ろしい妄想に繋がるネガティブを完全に浄化してしまえばどうなるだろう?

 

超越した感性だけが残る。

僕はこのブログを通して、その道を示したいし、そういう人が増えることで、世界は変わると信じている。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ