ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

メール 保護室(独房)には会いに行かない方いいのか?

2012/08/07

以下のようなメールを頂いた。

娘が独房に入って10日経ちました。
今日は、私も一緒に部屋に入って一緒にケーキを食べたりお茶を飲んだりしてきました。
楽しい会話も少し出来るようになって、かなりまともに戻ってきています。

しかしながら、帰り際には「お母さんと一緒に帰る。」
と言い出し、悲しい想いをさせてしまいました。

明日も午後からは仕事が無いので顔を出す約束をしています。
日曜日は、息子(弟)が一緒に来る事になっています。

こうも何度も顔を出す事は、果たして今の娘にとって良い事か悪いことか、正直わかりません。
面会も短い時間の方が良いのでしょうか?

 

絶望独房3週間を経験した僕の視点からすると、母が面会に来てくれるということほど有り難いことはなかった。

統合失調症の陽性症状で独房に閉じ込められて、現実なのか夢なのか全く分からなかったとき、いくら蹴っても割れない強化ガラス越しに、母の顔が映った。

それで、正気を取り戻した。

あぁ、これは現実のことなんだと。

 

また、独房に入っていると、「人生終わったな・・・」感でいっぱいになっていた。

そのときに母の面会があると、僕はまだ見捨てられてはいないんだという安心感が生まれた。

「毎日電話して!」と思春期の多感な少女のように母親にお願いして、母も忙しいのに毎日電話をしてくれて、声を聞くだけでも安心感が生まれた。

 

「保護室(独房)には会いに行かない方いいのか?」という患者視点の僕の答えは明確だ。

できるだけ頻繁に行った方がいい。

「一緒に帰れない」悲しみより、「会いに来てくれなかった」という悲しみの方が大きいと思う。

その顔をみるだけで、安心して、その安心感が、病気からの回復を助けてくれるから。

 

この病気から回復するための1番の薬は母親の愛情なのだから!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ