ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症と看護鬱

2015/03/31

統合失調症の看護をしていると容易に鬱になりやすい。

情報は以前と比べると比較にならないほど多くなったとはいえ、未だに前時代的な偏見も残っているから、その将来を悲観し絶望し、鬱に突入してしまう。

幸いにもこのブログを発見して、メールを送ってくる人は、初回のメールでは鬱に近いほどに落ち込んでいる人が多い。

メールのやりとりを重ねて、1つずつ希望を見いだすことで、やがては心が穏やかになって、その波長が患者に伝わるのか、状況は好転することが多い。

 

看護鬱にならないために

夜中に何回も目が覚める、朝が来るのがとても憂鬱。布団から出るのが辛い。休みの日に何も出来ない日がある。外に出たくない。

無性に悲しくて涙が出るなどです。

私が本当にこんなだと治る娘もなかなか良くならないと頭では分かってはいるのですが・・・

看護鬱にならないためには、そこから離れて気分転換をすることが重要だ。

考えられることとしては、ヘルパーさんを依頼する、患者にデイに行ってもらうなど。

 

旅行がオススメ

しかし、統合失調症を抱えてしまうと、単純にそのストレスだけではなく、家族が非協力的など、その人間関係に於いても耐えられない程の心理的負担を受けがちで、 家にいても心が休まることは難しい。

そういうときには、鬱になる前に気分転換として旅行をオススメする。

旅行して、綺麗な風景に癒やされ、温泉でのんびりし、美味しいものを食べて、リフレッシュして、現実に戻りスッキリ明晰な頭で、看護に戻るといいかと思う。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ