ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

contents 再発への不安

2012/11/29

最近私、とっても心配に思っていることがあるんです。
それは「息子の運勢」です。来年からその運勢が良くない…と書いてありました。それがもの凄く心に引っかかって。あらぬことばかり想像してしまい、最終的に自分が滅入っています。

まだまだ私も息子から離れられないのか…。このモヤモヤをどうしたらよいのか。

症状が出たらどうしよう?また事故を起こしたらどうしよう?仕事が首になったらどうしよう…などなど。

自分が夢中になることがないから、そんな詰まらないこと考えているのか?

 

そんなことはないと知る

統合失調症の陽性症状ではあり得ないような被害妄想がやって来る。

過敏になっている時期で、ちょっとした情報が平常ではあり得ないような回路で繋がる。

例えば、食事に毒が盛られているとか、ルームメイトが売春婦だとか、一緒に働いている人が自殺を企てているとか。

 

その経験を何回も繰り返すと「あれ? そんなことはありえないな。」と客観的に冷静に観られるようになり、やがて不安は消えてなくなってしまった。

まずは、「そういうことはない。」という経験を積み重ねることと、その角度から物事を眺めることで、相談者のケースでは「杞憂に過ぎなかったのだな」と感じることが出来ると楽になると思う。

 

何かに夢中になると不安はなくなる

海外生活ではアートフィールドにいたが、ある芸術家が「普段はお金のこととか生活のこととか不安でしょうがないが、仕事が決まると、それだけに没頭していればいいから何も不安がなくなる。」と言っていたことが心に残っている。

僕にしても、不眠不休で何かに夢中になっている時期というのは、不安を感じる暇もなく集中出来るから好きだ。

 

相談者の場合、不安があるというのは、本来あるべき自由で快活な自分自身から離れているということで、他人や占いを気にするよりも、自分自身に問題があると考えて、内省し、変えられるところは変えて、もっと自由に快活に! 人生を楽しむことが1番だと思う。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ