ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

過度の気遣いはかえって負担になる

2016/04/18

平成28年熊本地震。

鹿児島も怖いぐらいに揺れた。

被害状況を見ると胸が痛む。

 

それなのに、昨日から京都に出張で鹿児島を離れている。

仲間たちは、被災地に物資救援に向かうという。

僕は京都でこんなことしている場合かと感じている・・・。

 

過度の気遣いはかえって負担になる

そんなときTwitterで、東北大震災を被災した人が「過度の自粛、気遣いはかえって負担になる。被災していない人は普通に笑って生活して欲しい」というつぶやきを観た。

過度の自粛は、経済が回らなくなるし、過度に気遣いをされると心が落ち込むそうだ。

 

統合失調症でも同じかもしれない。

メンタル的には毎日極限に近いような苦しみがある。

不安が大きく「腫れ物をさわるような」感覚で患者に人が多いかも知れないが、人の感情を過敏に感じる病気だから、過度の気遣いはかえって負担になり、心が落ち込む。

結果、回復には時間が掛かる。

 

 

生活リズムの乱れ、メンタル的なアップダウンの激しさ、陰性症状で活動が出来ないこと、などを理解した上で心理的には普通に接して欲しいというのが、患者としての思いだ。

 

看護する人が不安になると、繊細な僕らはその数倍不安を感じるし、過度に気遣いされると、それに応えようとメンタル的にも落ち込みがちになる。

 

統合失調症は治る病気です。

悲観的にならずに、「風邪をひいてちょっと調子が悪いのだね」というような風の感覚で接してもらうと嬉しいし、そういう態度の人が周りにいると、回復は劇的に進むから!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ