ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

やり過ぎると全く出来なくなる

2016/07/08

幼い頃から、変な意味で驚異的な集中力があったかもしれない。

幼稚園ぐらいのときに、草刈りバサミの使い方を教えて貰って、それが面白く綺麗になるのが嬉しくて夢中になってやっていた。

疲れてきたが、全部綺麗にしたい!と無理矢理にすべて終わらせようとした。

やがて腕が痛くなって母に「腕が痛くて動かない」と泣きついてしまった。

それから1度も草刈りバサミを持つことはなかった。

 

統合失調症を発症してからも、現実逃避的にピアノの練習をした時期がある。

何もすることがなかったから、1日に時間があれば常にピアノに向かって、「3年でこんなに上手になるの?」と驚かれる程だった。

しかし、現実逃避的にやっているから嫌で嫌でしょうがなくて、あるときに心が耐えられず何かが爆発してピアノ教室を辞めてしまった。

それからほとんどピアノに触れることはなく、習ったことはすべて忘れてしまった。

 

何事もやり過ぎは好くない。

ストイックになりすぎるのは好くない。

僕らは感覚が繊細だから普通の人が集中出来ないようなことでも容易に深い集中に入ってしまうから一般の人よりも自分を上手にコントロールすることが求められる。

やり過ぎると、短期的には良いかもしれないが、結果がマイナスになってしまうこともある。

 

ちょっと疲れたら、ストップして頭がリセットされるのを待とう!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ