ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

陰性症状からの回復は2週間が目安

2015/05/11

16年ほど酷い陰性症状と戦っていた。

あるとき、戦いに疲れ、「もうだめだ。僕は回復するのは無理だったのだ」と投げ出してしまい、眠るしかできなくなってしまった。

しかし2週間ほど経つと、今までにない気分の軽さを感じるようになった。

16年間常にあったあの気分の重さは何だったんだろう?

必ず回復するから、焦らず、のんびりとした意識で。

頂くメールから考えても、陰性症状は理想的に回復すると2週間が目安になる。

 

陰性症状から回復しても、思考回路を再構築する必要が生まれると、脳の活動を抑えて構築に集中できるように陰性症状になる。

好調 → 陰性症状のリズムを何度も繰り返していくと、脳回路が洗練され、以前のような酷い陰性症状に落ち込むことがなくなる。

 

ただ、好調だった時期から急に、陰性症状になってしまうと気分は更に落ち込みがちで、一刻も速く再び好調になりたいと焦りがちになる。

以前より好調になったのだから2週間もかからず、1日眠ったら回復するだろうと考えがちだが、そういうことはない。

頭が回路を再構築するのは同じ程度時間が掛かる。

陰性症状のときは最低限の課題だけこなして、後は回復を待ってのんびりとしていればいい。

2週間という目安があれば、焦らずのんびりとした意識を持つことが容易で、理想的な回復に繋がる。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ