ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症の内的世界
~ 気分の上がり下がりはジェットコースター ~

2012/11/15

多くの人も気分の上がり下がりはあると思う。

ウィーンで知り合ったアーティストは朝は近寄るだけでこっちまで気分が落ちそうになるぐらいの鬱の暗い影を落とし、夜になると裸で部屋の中をジャンプするようなハイテンション。

有名なアーティストほど心に病的なところがある。

でも、まぁこっちが疲れるよね。

 

僕の病気の回復期、最初の頃は3時間ぐらいの周期で「俺、もうだめだ」と「俺、天才かもしれん」を繰り返し母に言って、笑われてた。

観ていて面白かったらしい。

こっちは本気でそう思っているのにね(笑)

病気の回復期は気分の上がり下がりはジェットコースターみたいなのだ。

アップダウンのリズムを知ろう

最初の頃は、引いては寄せる波のように定期的に気分の落ち込みとハイテンションがやってきていたが、しばらくするとだんだんとそのリズムから解放されて落ち着いてきた。

気分が落ち込むときは、体にも相応の反応をして、胸やお腹が痛くて起き上がれないこともあり、それなりに辛かったけど、病気だしそういうリズムになってしまっただけなのだと、特に深刻には考えなかった。

そういう段階を越えてだんだん落ち着きを取り戻してくると、新しい世界に辿り着いたような感覚を残す精神的な成長の後の翌日の朝に気分が落ち込みがちになると気づいた。

自分のリズムを知ると、悪いときが来れば良いときも来ると分かる。

単にそういうリズムだということで、気分が回復するのをのんびり待つことができるようになった。

ほんの些細なことで気分が変わったりするから、自分の状況を把握するまでには時間が掛かるかもしれないけど、それが分かるようになったら、その後は落ち込みがやってきても、ゆとりをもって対応できるようになる。

気分が落ち込んだときに

気分が落ち込んだときに助けになるのは、自分が以前に書いたトピック。

何もしたくない気分:戦うのではなく受け入れよう!
「鬱はむしろ楽なのかな」って思えるようになってきた。

気分が落ち込むと、ゆとりがなくなって考えられなくなるので、僕自身はそれを読むことでだいぶ楽になる。

参考になる人もいるかもしれない。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ