ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ネガティブに焦点を当てる必要がなくなるとき

2016/07/24

最近のLineグループで、極限に近い不安に悩んでいる人と、極限の不安を乗り越えた人の会話がとても参考になる。

こんな極限の不安があるのか!

と、驚くと同時に、

そんなときには、こんな視点で考えれば好いのか!

と、目からウロコが落ちる。

とてもレベルの高いカウンセリングルームにもなっているから、興味のある人はLineグループに入ってね♪

 

ネガティブに焦点を当て続ける段階

僕は今まで、ネガティブな気持ちを感じたらそれに焦点を当て続けてきた。

それをくり返すことで、例えば表面的な怒りは感じなくなったし、過去を想い出して痛むこともほとんど無くなってきた。

トラウマは心の中で何回も再体験することで癒やされるということが医学的な結論だから、同じようにネガティブな気持ちも、何度も心の中で再体験することでやがて癒やされ、穏やかになれる。

 

偽りのポジティブ思考

そうしないで、ネガティブな気持ちに最初から目を背けてしまうと、ネガティブは心の奥でやがて腐って腐臭を放ち、心身に悪影響を及ぼすと考えていたからだ。

実際、ポジティブ思考!嫌なことには目を向けない!という人でも心の奥には闇を抱えている人が多いように思う。

本人は気付いてないか、気付いてないフリをしているのかどちらかだ。

それを偽りのポジティブ思考と呼ぶ。

 

ネガティブから目を反らす段階

ネガティブに目を向けて、それを探求しつくして、時期が来たら自然と目を向ける必要がなくなる時期がやって来る。

例えば、嫌な人のことを考えるのは時間の無駄だし、将来のことに不安になっても将来なんてすぐ来るのだからその時に考えればいいし、過去を想い出して痛むのも心身に負担が掛かるだけだし。

 

がんばって!!

ネガティブな想いを見つめ続けるのは、本当に大変だが、それを乗り越えると、すべてのネガティブな想いに光を当てることになるから、心に闇がなくなり、本当の意味で自由になれる!

統合失調症では普通の人が感じないような深いレベルの問題を抱えていることが多いから、乗り越えてしまうと逆方向に振れて普通の人よりも安定した心で毎日を過ごせるようになる!

 

ネガティブとどう向き合うかというのは、このブログに書いてきたので、参考にしてもらうと、僕がLineグループの会話で気付いたように、道標となって最短距離で自由に辿り着けるかも知れないよ♪

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ