ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

目前の現実に心の課題はすべて含まれている

2013/02/19

ゆっくりでいいんだよ♪」というトピックを書いて、今、自分が解くべき心の課題は、実は目の前にある現実にすべて含まれているということが感覚的に理解できるようになってきた。

気分が重いとき:ポジティブになれないとき

気分が重いときやネガティブな想念が心に浮かぶときには、そこから抜け出すことを、心が1番に望んでいる事のように思う。

あまりにも気分が重すぎたりネガティブな想念が強すぎると逃避することしか出来ない時期もあるだろうけど、その苦しい時期を乗り越えて、問題を見つめられるだけの心のゆとりが生まれたら、心の問題から、逃避せず、戦わず、ただその気分の重さやネガティブを受け止めて、浄化していく方法が1番の近道だ。

簡単にいうと、その気分の重さやネガティブな想念を生み出している観念をテレビのテロップのように流れるように客観的に見つめ、その観念を変えていくこと。

決して、現実を変えようとして戦うのではなく、心のあり方を変えていくことが近道だ。

基本的に現実は心のあり方を投影しているから、心のあり方が変われば、現実も驚くほどの速度で変わっていって、びっくりすることも多い。

成長するための課題が目の前に現れる段階

心の重さやネガティブな想念から抜け出すと、自然と自分の周りに投影される現実も変わってくる。

自己を成長させるための課題が、不思議と自然に目の前の現実として現れてくる段階だ。

最初の頃は、「あぁ嫌だな」「面倒だな」「やりたくないな」などの重い気分もあることが多いから、目の前の課題を解決するだけで精一杯でストレスも多いだろうけど、目の前に現れた現実はそのときの自分に解決出来る能力があるから、そこにあるのだ!って考えると楽になるし、解決しよう!という力にもなる。

それを1つずつ解決していくと、心理的にも成長し、新たな世界に入り、また新たな課題が生まれる。

心がトキメクことだけをしていればいい段階!

それを繰り返していくと、「あぁ嫌だな」「面倒だな」「やりたくないな」気分からも解放されて来て、次第に心がトキメクことが自分の周りに現実として投影されてくる。

 

僕の場合、最近の慌ただしい中でいろいろやる事があるけど、1番に選択することは、その瞬間に、したいこと、心がトキメクこと、ワクワクすることだ。

したいこと、心がトキメクこと、ワクワクすること、それには自分の成長のためにすべての課題が含まれている!

楽しいことをしているだけで、心理的にも能力的にも環境的にも、ありとあらゆる面で成長を感じられるし、他のことを考える必要もなくなってきて楽だ (^_^)v

そういう段階に入ると、心軽やかでもっともっと楽しくなってくる (^o^)

このブログを縁として、そういうヒカリの世界にたどり着いてくれる人が1人でもいてくれたら、これに勝る喜びはないって気分だ (*^_^*)

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ