ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

統合失調症で感じる「不安感」
~ 飽きるまで突き詰めて考える ~

2014/06/13

統合失調症で感じる不安感は、たとえようもないほどに恐ろしく怖いものだ。

普通の人が1の不安を感じている場面で、繊細といようりも過敏になっている部分があるから、10の不安を感じていたりする。

しかも「まず冷静に客観的に考えれば起こらないでしょ?」というような不安を感じ、それが現実に起こったらどうしようと、普通の人からすると「バカじゃないの?」というレベルの不安を感じている。

しかも「不安」が更なる「不安」 を見つけて、しだいに泥沼の中に引き込まれる感覚だ。

 

でも、それは良い面もある。

何かというと、不安に対して様々なシュミレーションをしないとしょうがないから、結局はどんなことが起こっても無難にこなせるということが1つ。

もう一つは、普通の人は考えないであろう状況をイメージして対応策を練ることが出来るので、脳の刺激となって頭が進化することだ(笑)

 

「不安」を突き詰めて考える

僕の場合「不安」を突き詰めて考え、様々なシュミレーションをする。

もしかすると、それが楽しかったりもするんだろうねw

そんなシュミレーションまでしなくて良いのにと一般の人なら考えるレベルのシュミレーションをし、そのうち疲れてどうでも良くなって、「なるようになるさ」と自然と思えるようになる。

そうなると、ありとあらゆる不安から解放される。

だって、思いつく不安は全部シュミレーションして解決策を見いだしているということだから。

 

統合失調症のアドバンテージ!!

不安感からの完璧な脱出。これも統合失調症になって理想的に回復した人に与えられるアドバンテージのようなものだ!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ