ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

「焦り」の根源
本当に回復出来のだろうか?という不安

2016/03/05

統合失調症から完全寛解!!を感じてから、「焦り」という感覚が薄くなっていることに気づいた。

今考えてみると、「焦り」の根源にあったものは「一刻も早く回復したい! でも、本当に理想的に回復出来るのだろうか・・・。もしかしたら一生このままではないのか?」という心の奥底にある不安だったと思う。

 

今でこそ色々なブログで情報発信している人も増えたが、理想的に寛解していると感じられるブログはまだ知らない。

病気になった20年前は情報も少なく、「統合失調症は完治することはなく一生関わっていかないと行けない病気だ」という雰囲気が強かったように思うし、もしかしたらまだまだそう考えている人も多いのかも知れない。

 

後の世代への財産になり得る

僕がこのブログで完全寛解!!に至るまでの道のりを示せたことは、後の世代の大きな財産になるだろうし、「本当に回復出来るのか?」と感じている人がこのブログを読むことで「何だ、回復出来るじゃん!」と感じて心穏やかになったとしたら、確実に「焦り」から脱却する日は遠くないし、それはすなわち完全寛解!!に向けた大きなステップとなる。

 

世界を変えるのは統合失調症になった僕らだ!

完全寛解!!を感じて「新しく生まれた!!」ような感覚を感じる人が増えて、そういう概念が広がっていったとしたら、この病気というのはそこまで悲観する病気ではないという正しい理解が生まれ、社会的にはまだまだある偏見や差別などといったネガティブな感情もなくなっていくことだろう。

 

すべての人が幸せになりますように。

絶望の淵にあっても、希望を見いだせる社会になりますように。

一条の光すら届かない暗闇の中から抜け出した僕らはそういう世界を創る大きな力となることに疑いはない!

 

焦る必要はないよ。

いつか「新しく生まれた!!」ような素晴らしい感覚がやってくるから!

そしてその感覚が新しい世界を創りあげる大きな力となるから!!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ