ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

「気が焦る」のは準備不足が1番の原因

2016/08/07

8月は、やることが多く「気が焦る」というような感覚がやってきた。

今までであれば、これだけやることが多かったら、気分が落ちて何もできず、〆切が近づいたときに生まれる驚異的なパワーでなんとか課題をこなしてきたと思う。

でも、そのやり方では、したくても何も出来ない時間を過ごすのも辛いし、〆切前に生まれるパワーというのも心身に大きな負担が掛かるし、反動でしばらく活動出来ない時期がやってくるし・・・。

考えたらあまり好いことはない。

陰性症状が酷いときには、そのやり方が王道だとは思うけど・・・。

 

「焦り」の奥に隠れていた「気の焦り」

今感じている「気が焦る」感覚は、以前感じていた「一刻も早く回復しなきゃ!」という焦りとも違うし、「どうしよう?どうしよう?どうにかしなきゃ!」という焦りとも違う。

頭が焦っているというよりも、胸の辺りでじんわりと焦る感じで、今まで感じたことのない感情で、非常に不快で大きなストレスを感じてしまう。

一見すると状態が悪くなったように感じるが、むしろ逆で、最近「統合失調症から最短で回復する必要はないのか」と気付き、今まで感じていた焦りを全く感じなくなって、その奥に隠れていた「気の焦り」が表面に出てきたような印象だ。

 

「気が焦る」1番の大きな原因は準備不足

「気が焦る」1番大きな原因は準備不足だ。

しっかりと完璧に準備出来たとしたら、焦りはほとんど感じないですむ。

状態が良くなってくると〆切に追われ「気が焦り」、不快感と大きなストレスを感じるよりも、毎日少しずつ集中して効率的に課題をやって早めに終わらせて、頭と心をスッキリさせる方がストレスを感じず、楽だ。

 

毎日を、ストレスなく集中して効率的に、楽しく!過ごすことで穏やかな心でありたいと思う今日この頃だ。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ