ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

テンパりを克服すると「ゆとり」が生まれる

2014/08/11

最近、携帯電話が壊れたり、パソコンの調子が悪くて、事務局の仕事もあるから新しいパソコンに変えなきゃなかったりと、このくそ忙しい時期に!

やることは山積みだから、多少というよりもかなりテンパって、薬を飲まないと抑えきれないほどの焦りだった。

 

しかし、「焦るのは頭が情報を整理中」ということと「テンパるときはそれが去るまでのんびりと」という意識に焦点を当てると、テンパったとしても上手にその焦りから抜けることができることに気づいた。

上手にテンパるほどの焦りから抜けると、以前ならテンパったり焦ったりする場面で「ゆとり」をもってのんびりとできるようになってきた。

今日は新しいパソコンがやってきた。

メーカー製ではなく自作キットで、多少のトラブルはあったが、普段より「ゆとり」を持って制作することができた。

以前は、パソコンを一刻も速く組み立てたいというワクワク感からやっていたように思っていたが、それが「一刻も速く組み立てたい」という焦りにも繋がっていたみたいだ。

 

そういった「テンパり」や「焦り」「一刻も速く」という焦りは偉大な教師だ。

そこから充分に学び尽くすと、以降はどんな状況や場面であっても、「ゆとり」を持って活動することができる。

 

闇が深ければ深いほど、ヒカリを存分に感じられるように、テンパるほどの「焦り」を乗り越えると、その真逆にある穏やかな「ゆとり」にたどり着くみたいだ。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ