ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ゆっくりでいいんだよ♪

2013/02/18

僕の場合普段はのんびりとしているんだけど、過去を振り返ると、定期的に忙しい状況がやってくる。

不思議なことに忙しいときは多くのことが重なるんだよね。

その慌ただしい時期には学ぶことが非常に多く、その時期を乗り越えると、精神的にも病状も周りの環境も飛躍的に進化してきたように思う。

最近の慌ただしかった時期

2010年9月は、オープンまで2週間の店舗のポスター・名刺など作成を頼まれたこと、友人の米販売のための企画・デザインを頼まれ、徹夜続きで頭が働かなくなってもパソコンの前に座っていたら自然と作品が出来ているような、ある意味神が僕の体を使って作業しているような感覚(ハイパーモード)になった。

しかし、その無理がたたって2度目の入院をしてしまった(苦笑)

 

2011年9月は頼まれた結婚式PVが3本あり、その後京都に50年に一度の法要の手伝があったので、数回は徹夜はしたけども、前回の反省から、眠れるときには眠ることを考えつつやった。

 

2012年の10月は出張が多く、その合間で、頼まれていた結婚式のプロファイルビデオを作らないといけなかった。今までのように徹夜して作業すると出張もあるので、最大限に体調を整えつつ仕事をこなすことを考えた。

 

今年 2013年2月は、兄が体調を崩して実家の寺の仕事を僕中心でこなさないといけないこと、3月までの結婚式のプロファイルビデオ3本頼まれいること、4月に50年に一度の法要が、久留米であるからその準備で出張も増えたり・・・。

 

定期的に、僕の実力では「無理」なんじゃない?って感じるような忙しさがやってくる。

でも、今見返すと、そのおかげで、技術的にはもちろん、精神的にも段階的に高まっている。

ゆっくりでいいんだよ♪

その慌ただしい時期を超えた今なら分かることに「ゆっくりでいいんだよ♪」ってことだ。

 

世界中で「ゆっくりやるのが結局は1番の近道だ」のような格言がある。

日本では「急がば回れ」や「ウサギとカメ」の童話であったり、タイでは「急いで行きたければ、古い道を行け」とか西洋では「急いで行けば10日、ゆっくり行けば3日」という格言かあるそうだ。

急いで行けば、車の車輪が壊れて、修理に時間が掛かるから逆に長い時間を必要とするということらしい。

 

そういう格言は知っていても、感覚的に理解することは経験を重ねて齢40を前にした今になって分かるようになった。

結局、のんびりとしたゆとりのある精神状態で仕事をこなしたらストレスなくできるし、病気の回復にも心のゆとりは大切なことだ。

ゆっくりでいいんだよ♪ってことを感覚的に理解できるようになると、世界観ががらっと変わって、今ものすごく楽しい気分だ(^^)

統合失調症=新しい自分になること

統合失調症になってしまうと、以前の自分に戻ろうと「焦り」が心の奥の深い部分にある人が多いように思うけど、決して以前の自分に戻ることが回復ではない!!

むしろ、「新しい感性と感覚を開いた自分」になって「新しく生まれ変わる」ためにあるんだと考えられるようになると回復は格段に早くなる。

全く新しい自分になるということは、過去の自分と比較する必要すらなくなるから。

 

ゆっくりでいいんだよ♪

そのゆとりがゆとりのある現実を物理的空間に投影していくのだから (*^_^*)

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ